スタジオマリオでマタニティフォト撮影

スタジオマリオでマタニティフォト撮影

妊娠期間中は身体に負担をかけないように身の回りの人に助けてもらいながらマイペースに過ごしてほしいです。家事に力を入れすぎると腹部が張ったり仕事に入れ込みすぎると体調が悪くなったり、精神衛生上も影響が出ます。

 

食事する時はつわりで食べられない時は食べやすいものを食べ、罪作りな気持ちはもたないようにしてほしいのです。わたしはつわりで苦労したのですが、葉酸入りのサプリメントは、なんとか少し取るように気をつけました。結婚から2年が経った頃、そろそろ子供をと思ったとき、妊娠が判明しました。女の感というのでしょうか。生理が1~2週間ずれることもあるのですが、この時まだ5日しか遅れてませんでした。
ですが、いつもと何か違うなと思い、外出先ではありましたが妊娠検査薬を使用したところ、陽性反応が出たのです!すぐに写メを撮り主人に見せたところ、驚喜の言葉が出ました!何よりも嬉しいことでした!現在、8ヶ月になります。早くベビーに会いたいなぁ。妊娠中に心掛けたい事は、食べ物や栄養バランスを見直すことです。

 

赤ちゃんは自分で栄養をとることが出来ないため母から栄養をもらうので、気をつけなければいけません。カフェインは絶対にNGです。
コーヒー、ウーロン茶、紅茶などは控えお酒やタバコも控えることです。

 

そして、コンビニに売っているカップラーメンなどのようなインスタントは塩分濃度が高いので控えてください。ホームメイドの食べ物を食べることが大事です。フルーツなどビタミンが多い食べ物もいいですよ。

 

妊婦さんは、すぐに疲れがたまりやすい状態です。
いつも行っていた家事でさえ重労働で、はぁはぁと息苦しくなってしまうことがあります。

 

休憩を頻繁に取り入れて、無理のない範囲で行うことが大切です。また、妊娠中は脳貧血を起こしやすくなります。立ち上がるなど、妊娠前は意識すらしなかったいつもの動作でも、めまいや吐き気を覚えることがあります。

 

 

 

妊娠するとママの血液が赤ちゃんのいるお腹を中心に回るようになるため、妊娠中は誰にでも起きやすいものです。

 

 

 

普段の生活でもゆっくりと動くようにして、脳貧血を起こしてしまったらその場で横になるか、無理な場合は座り、落ち着くのを待ちましょう。妊娠中はホルモンに変化が起こるため精神が不安定になりがちで、意識的にリラックスするための時間を作ることが必要です。

 

 

ですが、運動するにしても食事にしても、妊婦さんにとって気を付けなければならない点が多く、結構大変ですよね。

 

 

そんな時は、クラシック音楽に触れてみたり、本を読んでみてはいかがでしょう。この期間に教養を付けておけば将来生まれるベビーの教育の第一歩になります。

 

試にすこしずつ始めてみてはどうでしょう。私は40歳近くの高齢出産でしたので、病院の先生方や先輩のママさんからも色々教えていただきました。

 

 

 

やや太り気味と言われていたので、まずは体重管理に注意するよう言われました。
それにもかかわらず、空腹だと気持ちが悪くなる、食べづわりだったので、いつも何かを口に入れていました。

 

すると体重はすぐに20キロ近く増えてしまい、足はむくみますし、妊娠中毒で入院寸前までになってしまった、ダメダメ妊婦でした。

 

 

 

ですが、陣痛がきてからは1時間弱であっという間に産まれましたので、総合的には優秀な妊婦だったと自負しています。妊娠している間はゆっくりとした生活に努めるのが良いです。
妊娠初期の間は病院の診断でお腹の張りと言われてもピンとはこないと思いますが、とりあえず無理をしないことです。

 

気持ちは妊婦前のままなので、これくらい平気とか色々やる事があって忙しい場合は心が焦りがちですが、必要以上に動くと切迫流産で入院することがあります。
わずかでも体が重くなったら、横になるのが一番ですね。

 

ゆっくりスローライフも心が落ち着いてとても素敵になれます。

 

初めての妊娠って、分からない事が沢山あるので、毎日といっていいほど不安になる事もあるのではないでしょうか?お腹の赤ちゃんと快適に過ごすには、のんびり落ち着いた心であるようにしましょう。不安な気持ちばかりではママのお腹の中で一生懸命生きようと頑張っている生きる為に一生懸命頑張っているお腹が大きくなることで腰や足の付け根に痛みを覚えるママも多いでしょう。

 

腹帯やサポートベルトを腰に巻いておくことで腰痛を緩和できます。
妊娠も後期になり、特に臨月あたりではお腹の赤ちゃんが子宮の下のほうへさがってきて胃がすっきり・食欲も旺盛になり、具合も良くなるとよく言われるのですが・・・。
その反面、体重計とのにらめっと・大きくなった子宮が股間のあたりのリンパや骨盤を抑えられるような痛みやむくみが気になります。約10万円と言われている検診費で家計が火の車の中、お金が出て行かないようにコンディションの不調と向き合うことはできないか。日課として思いついたのが30分ほど散歩しYoutubeのサイトにある50分近くの安産マタニティーヨガ。
妊娠中はとても太りやすいです。

 

基本的に太りにくい体質で、大量に食べても太らないし、仮に太っても元に戻せると思い、好物を気の向くままに食べていました。ですが、気付いたら15キロも増えてしまい、何をするのも非常に苦労しました。もう産後1年経ちますが、まだ体重は戻っていません。世間や医師のいう事は正しく、栄養を考えて食事制限をし、運動も欠かさずにすることが重要だと感じました。

関連ページ

お食い初めで写真館で撮影はするべきか?
お食い初めで写真館で撮影はするべきか?
初めての七五三スタジオマリオのキャンペーンは?
初めての七五三スタジオマリオのキャンペーンは?